自分を「解く」ワンデーリトリートを開催します!

09. 14. 2022

皆さん、こんにちは。
MYON YOGAの西上桃世です。

ずっとあたためてきた企画…準備が整ったのでようやく皆さんに発表できます。

11月、小豆島にて
ワンデーリトリートを開催します。


自分を解く(とく)時間 in 小豆島

と題して、代々木上原の鍼灸サロンHerb&Needlesの代表 菅あゆみさんを小豆島にお招きし、日帰りのデトックス旅をお届けします。
小豆島の郷土料理に舌鼓を打った後は、
紅葉の時期の寒霞渓を散策。
そしてあゆみさん独自のはりきゅう治療、「ホリスティック鍼灸」のプチ体験もあり、自宅でも自分をケアできるように、
彼女がプロデュースしたお灸を使っての
ワークショップ…と盛りだくさんの1日。

彼女からのメッセージをご覧ください。

《RE-TREAT in island of Shodo》

この度小豆島1DAY リトリートを開催することになりました。

今回のテーマは、
「自分を解く(ほどく)」

約 3 年前まだコロナが世界中で発生する前、私はいわゆる“自分探し”をするために
ヨーロッパ、インドを旅していました。
旅をして4ヶ月ほど経ち、
ポルトガルのカシュカイシュの海を一人で歩いているとき、たまたまネットで見つけた糸井重里さんの短文「あなたはこんがらがっている」に出会いました。

<あなたは、こんがらがっている>

(中略)しかし、糸のたとえで言うと、
あらゆるこんがらがった糸というのは、
根気よくていねいにほどいていけば、
いつかは、すっと一本の糸にもどせる。
逆に、「何か特別にいい方法があるか?」と、それを探そうとすると、
ますますこんがらがることになる

とにかく、ほどきはじめることしかないのだ。

ほどくことを、はじめる。それしかないのだ。(省略)

当時の私は、海外の地で精神的にとても参っていてまさに“こんがらがった”状態。
これを読んだとき、自分を悩ます複雑に思えた要因は実は全ての物事が一つに繋がっており、その根本は自分自身の内側にあることに気づくことができました。

今回のリトリートのテーマである「自分を解く」はこの自分自身の体験から名づけました。

皆それぞれが持つ「こんがらがっている」問題と向き合い、 “ほどき始める”キッカケをこのリトリートを通して持ち帰ってもらえたらと思っています。
1DAY の大きな項目は、良質で充足的な食事、自然、セルフメディテーション。
自分を気分良くしてくれる、とっておきな要素は何だろうか。
一人ひとりに気づいてもらえることが出来たら目的は達成されます。

大切なのは

“絡まったあと、どうするか”。

このリトリートは非日常の体験で自分の内側と向き合い、新たなアプローチを身にまとう時間。

火山の噴火によってできた地形豊かな大自然の中で、 様々なエネルギー集まる体験のもと充実した1日を楽しみましょう。

ご参加お待ちしています。

Herb and Needles 菅あゆみ


《Schedule》

date: 11/5(sat) 12:15 – 19:30(12:00 in 池田港)
各自、池田港までお越しください。
※11時高松港発のフェリーにお乗りくださいませ。

・高松までのアクセス方法
東京(関東)方面から
羽田(成田)空港から飛行機で約1時間半→高松空港→リムジンバスで40分程→高松港

関西方面から
新大阪駅から新幹線で約50分→岡山駅→岡山駅からマリンライナーで約1時間→高松駅→徒歩8分で高松港

※その他アクセス方法は下記連絡先までお気軽にご連絡ください。
mmynxxs2@gmail.com(西上桃世のメールアドレス)

Place: 香川県小豆島
Price: ¥14,000 –(tax in)

《Nature》
Hiking in national park
・島全体が火山の噴火によってできた小豆島。
ちょうど紅葉にあたるこの時期に、地場が持つ エネルギーを大きく感じる場所で
ハイキングを予定しています。身体全体で感じる良質なパワ ーを感じましょう。

《Food》
Organic local foods
今回のリトリートのためにセレクトした、小豆島の特産である、
醤油・素麺・ごま油・オリーブ・ 佃煮と、瀬戸内で漁れる魚や
地元の野菜を創作郷土料理で味わいます。

お食事イメージ

《Self-meditation》
“OKYU” workshop
短時間で即効性のある、お灸を使ったセルフケアのワークショップ。
血流やリンパの巡りを改善することで体内を正常に循環させ、思考や体調のクセをアップデートしていきます。
今の内側の状態を観察し、より好くなるための“気づき”を見つけていきます。

彼女がプロデュースしたお灸
”OKYU”

【申し込み】

こちらのお申し込みフォームに必要事項をご記入の上お申し込みください。

【お支払いについて】
お申し込み後、銀行振り込みをお願い致します。
振込先はお申し込みの際にいただいたメールアドレス宛にお送りいたします。
お申し込み後1週間以内にお振込をお願い致します。

【申し込み締め切り】
2022年10月28日(金)19:00まで

【キャンセルポリシー】

・開催3日前まで   キャンセル料0%
・開催3日〜2日前  キャンセル料30%
・開催1日前     キャンセル料50%
・当日       キャンセル料100%

【注意事項】
天候によってはプランに変更が生じる可能性があります。ご了承くださいませ。
また、この旅は日帰りのリトリートです。
20:20 土庄港発→高松行き最終フェリーに間に合うようにスケジュールを組んであります。
小豆島内、もしくは高松等で宿泊してからお帰りになられる方は別途宿の手配をお済ませくださいますようよろしくお願い致します。
行きと帰りで使う港が異なるため、
行きの港では必ず「片道チケット」をお買い求めくださいませ。


今、私は小豆島に住んでいるので、彼女の施術はなかなか受けられませんが、東京に出向いた際はスケジュールが許す限り診て、触れてもらいます。
彼女の施術を受けた後は、身体がふんわり軽くなり、
身も心も「もといた場所」へ還ろうとするかのような感覚になります。
痛いところに刺す、そんな鍼ではなく、
アプローチの仕方がまさに「ホリスティック=包括的」なんです。

だから、惹かれ続けているのかもしれません。

彼女も東京で自分のサロンを経営する、1人の経営者です。
今回、色々な想い…新しい出会い、中国・四国地方の人や

小豆島の人たちの心と身体に触れてみたいという想いを持って忙しい合間を縫って来てくださいます。

頻繁に来れる距離でもありませんし、その熱い想いにも感動しています。

メルマガでの先行情報解禁時に多数のご予約をいただき、
11月4,6日のはりきゅう治療に関しては残り1枠となっておりますが
リトリートに関しては

今日、この日から

参加してくださる方を募ります。
(治療のプチ体験もお灸のワークショップも含まれているので、お得です♪)


「なんだか最近、自分が自分じゃない気がする」
「絡まっている気がする」
そんななんとなくの不調を抱えている皆さん、そして同じ波動、

想いを持ち小豆島にお集まりいただく皆さん

どんな方が集まるのだろう?と今からワクワクしています。

中国・四国地方はもちろん、関西圏からも日帰りで行ける小豆島。
また、少し遠くにお住まいの方も、
自分へのご褒美として一泊してお帰りいただくのもおすすめですよ。
(宿情報などお気軽にご相談くださいませ!)

MYON YOGA 西上 桃世
Instagram @myon_fityoglife


Herb&Needles 菅 歩実
Instagram @herb_and_needles / @_ayumi.suga_